元ウェディングプランナーが書くプレ花嫁専用ブログ

結婚式を控えるプレ花嫁に届ける演出アイディアお役立ち情報ブログ

感動するエンドロールムービー幼馴染だった新郎新婦がつくった映画のようなラスト・・・

こんにちは、元ウェディングプランナーのAyanoです。

 

エンドロールムービーといえば今では結婚式には欠かせないメイン演出のひとつになってきており、エンドロールムービーの仕上がりが結婚式全ての良さを凝縮したものと言っても過言ではありません。

 

そして、披露宴の1番最後に流れるこのエンドロールムービーにひと工夫入れるだけで結婚式全てがまるで映画のようにゲストに余韻を残し心に深く思い出を刻むことができるのです。

 

今回は、幼馴染の新郎新婦さまにオススメするエンドロールムービーの演出方法をご紹介していきます。

 

幼馴染の新郎新婦さまはぜひ参考にしてみてください^^

 

 

エンドロールムービーはどんな演出?

ゲストに感謝の気持ちを伝える

f:id:ayn-n02:20190314142249j:plain

 

エンドロールムービーは披露宴の1番最後に来てくれたゲストの名前をスクロールして流していく演出ムービーで分かりやすく言うとドラマや映画のエンディングのような感じで1人1人の名前を流していきます。

 

エンドロールムービーのタイプは大きく分けて2パターンあり写真で作るタイプ画で作るタイプがあります。

 

写真で作る場合は、ゲストの方と一緒に写った写真を使用したり、前撮りで撮影した写真を使ったりと昔の思い出を振り返るようなかたちの仕上がりになるのが特徴です。

 

一方動画で作るタイプは、当日撮影した動画を披露宴が終わるまでにダイジェストにまとめ、その映像を披露宴の最後に流すものになります。

動画タイプだと結婚式1日を流れで振り返ることができのが特徴です。

 

人気の当日エンドロールムービー

当日エンドロール人気の理由

f:id:ayn-n02:20190227080443j:plain

 

今、結婚式で人気があるのは当日エンドロールのムービーが圧倒的に多くなっています。

 

実際、わたしが担当したお客さまでも結婚式が終わった後に1番見返すムービーはこの「当日エンドロールムービー」だと皆さんおっしゃいます。

 

結婚式で1日の流れを収めたDVDの動画撮影を頼まれる方もいらっしゃいますが、DVDの動画撮影だと結婚式の内容全てが撮影されている為、全て見返すと3時間ほどの時間がかかってしまいます。

 

その為、結婚式の後1度DVD動画を見ると満足してしまい、その後に頻繁に見ることがなくなるのも事実です。

 

また、DVD動画は結婚式の後の編集などをし仕上がりに1ヶ月ほど時間がかかってしまいますが、当日エンドロールムービーはその日のうちにお渡しできるので結婚式の後の二次会でもそのまま流す事ができるのがメリットです。

 

当日エンドロールムービーは結婚式には欠かせない演出アイテムになっているのです。

 

当日エンドロールムービーの流れ

結婚式のメインシーンを5分で振り返る

f:id:ayn-n02:20190315094521j:plain

当日エンドロールムービーに入ってくる映像は、結婚式のメイン所を集めたシーンが全て入っている為、 披露宴の最後に結婚式の1日をダイジェストで振り返る事ができます。

 

新婦さまの結婚式前のお支度の様子や、

感動的なお父様とのバージンロードの入場シーン、

新郎さまとの誓いのキスや

ゲストの方からの祝福のフラワーシャワーなど、

 

結婚式の大事なシーンが素敵な音楽と共に全て5分の映像の中に映し出されていきます。

 

ダイジェストで結婚式1日を振り返られる事で、その日の大切なシーンひとつひとつをもう一度思い返しながら感動を味わう事ができるのです。

 

幼馴染の新郎新婦が作った映画のようなラスト

予想外の演出方法

f:id:ayn-n02:20190318080033j:plain

 

当日エンドロールは普通に作るだけでももちろん素敵に仕上がりますが、ひと工夫入れる事でまるで映画を見ているような余韻を残す事ができるのです。

 

以前、わたしが担当したお客さまで、保育園が一緒だった新郎新婦さまがいらっしゃいました。

 

新郎新婦さまが披露宴中に使う為に持ってきた写真の中に、保育園時代の2人が一緒に手を繋いでいる写真がありました。

 

その写真を受付に飾れば、

「保育園の時に手を繋いでる2人がこうして結婚するなんてすごいねー。」

という反応だけだったかもしれません。

 

披露宴中のプロフィール紹介で司会者さんから

「実は幼馴染で出会った2人!」

と紹介して入れば

 

「そうだったんだー」

という反応だけだったかもしれません。

 

しかし新郎新婦さまがその写真を使った場面こそ、

 

当日エンドロールムービーの1番最後のシーン。

だったのです。

 

当日エンドロールムービの衝撃のラスト

意外すぎるラストシーン

f:id:ayn-n02:20190314090705j:plain

  

新郎新婦さまが退場し、会場の照明が落とされ当日エンドロールムービーの上映が始まりました。

 

挙式中の新婦さまとお父様の緊張した面持ちでの入場、

新郎新婦さまがゲストの前で誓いを立てウェディングキスをする姿、

披露宴での友人からの心温まるスピーチや、

大盛り上がりのケーキカットなど、

 

数時間前に行われていた結婚式があっという間に終わりを告げ、また映像として流れ、そのシーンを振り返る事で涙を流すゲストの姿がありました。

 

ここまでは一般的な当日エンドロールムービーと同じような流れだったのですが、披露宴中の新郎新婦さまの笑顔の写真が消えBGMも終わりかけ、誰もがこれで終わりかなと思ったその時。

 

フワーッと徐々に浮かび上がるセピア色の写真。

 

徐々にセピアからカラーに写真が色付き出し、その写真にはっきりと映し出されたのは保育園時代の手を繋いだ2人の写真。

 

その後ゆっくりと写真がフェードアウトし当日エンドロールムービーが終わりました。

 

たくさんの人がいる中で出会い、結婚した2人が、実は何十年も前から結婚を決められていたかのように手を繋いでいる写真。

 

映画の最後で起きたどんでん返しのようなシーンに、会場からは

 

「すごすぎる、奇跡みたいな写真!」

「もう結婚することは運命だったんだね!」

 

など驚きの声とざわめきが起き、しばらくその声は鳴り止みませんでした。

 

エンドロールムービーの内容も、手を繋いでいた保育園時代の写真も知っていたわたしでさえ、実際の当日エンドロールムービーの流れからいざその写真を見ると鳥肌が立ち感動したことを今でもはっきり覚えています。

 

そして、この写真の魅せ方が当日エンドロールのラストという場面でなければ絶対にこんなに歓声は起きなかったと深く感じました。

 

感動するエンドロールムービー幼馴染だった新郎新婦がつくった映画のようなラストまとめ

写真の魅せ方で仕上がりは変わる

f:id:ayn-n02:20190311114024j:plain

 

いかがでしたでしょうか。

今回は、幼馴染の新郎新婦さまの当日エンドロールムービーの事例でご紹介をしましたが魅せ方で全ての演出の仕上がりをより感動的に、よりドラマチックに演出することが出来ます。

 

何をするかも大事ですが、どのようにするかを考えながらアイディアを出すことで同じ演出をするにしても仕上がりが全く変わってきます。

 

結婚式、ぜひ魅せ方にもこだわって演出をしてみてください^^

 

プレ花嫁専用ブログ 

f:id:ayn-n02:20190728145125j:plain

 

 

ブログをご覧いただきありがとうございます^^

 

このブログでは11年間ウェディングプランーをしていた経験を活かして、結婚式を控える花嫁さんや結婚式の準備中の花嫁さんに役立つアイディアや、現場にいたからこそ伝えられる結婚式を挙げる上でのポイントなどを書いています。

 

お役に立てる記事があるかと思いますので、是非こちらをクリックしてご覧ください♡

 

 

www.ayn-n02.com