家族婚 WEDDING. サイト

プレ花嫁の結婚式お悩み解決サイト

【引出物の費用】15万円抑える重要な3つのポイントを徹底解析

結婚式の中で群を抜いて費用がかかる引出物。

 

『誰にどんなものをつければいいのか分からない。』

 

そう感じている新郎新婦さまも多いかと思います。

 

引出物の費用を抑えるためにはまず、引出物の一般的な相場や品数、商品を知る必要があります。

 

その中で、どういう引出物を選んでいけば費用を抑える事ができるかを知り選ぶことで引出物にかかる費用をグッと抑える事ができるようになります。

 

そして、ただ費用を抑えるだけではなくゲストに喜ばれる引出物選びが可能になります。

 

今回、ご紹介をする引出物の費用を抑える3つのポイントを知ることで15万円以上引出物の費用を抑えることもできます。

 

今回ご紹介をする3つのポイントは

①引菓子は洋菓子を選べ

②記念品はカタログギフトを選ぶな

③低予算アイテムの高級品を選べ

の3つになります。

 

ぜひ、最後まで読んでいただき引出物選びの参考にしてみてください^^

 

結婚式の引出物の平均費用はいくら?ゲストによる違いは?

列席ゲストの層によって引出物の中身を変えよう

f:id:ayn-n02:20190225100454j:plain

引出物の費用を抑える3つのポイントをご紹介する前に、まずは引出物の基本知識を簡単にご紹介していきます。

 

結婚式には列席する層が分かれており、

①親戚

②会社上司

③友人

に分類されます。

 

この3パターンは頂くご祝儀の金額の違いによって分けられているのですが

【親戚】12,000円前後

【会社上司】8,000円前後

【友人】5,000円前後

 が一般的に多い引出物費用になります。

 

親戚や友人、会社関係によってご祝儀の金額は変わりますが

ご祝儀全体を人数で割ると1人当たりの平均ご祝儀額の相場が3万円ほど。

 

この3万円でゲストへのおもてなしの部分

♡料理

♡ドリンク

♡ケーキ

♡引出物

を抑えると自己負担額が少なくなってきます。

 

親戚は1件あたりの引出物費用は高く感じますが、

夫婦の場合は2人で1つの引出物になるのでそれを踏まえて計算してみましょう。

 

例えば、親戚が夫婦で列席の場合、

12,000円の引出物をつけると

1人当たりの単価が÷2で6,000円になります。

(例)料理10,000円+ドリンク4,000円+ケーキ1,000円+ 引出物6,000円=21,000円

これに消費税やサービス料を足すと約25,000円くらいになります。

1人当たりの平均ご祝儀学が30,000円だとすると5,000円黒字部分が出てくる計算になります。

 

親戚1人に対し5,000円黒字になると30名いた場合、

5,000×30=150,000円

 

親戚だけで15万円も費用を抑えられるようになります。

 

15万円浮いた分で、他のゲストへのおもてなし部分の費用に当てる事ができたり、ドレスのランクアップ、写真の追加などが可能になります。

 

引出物を賢く選んで理想の結婚式を実現していきましょう!

地域によって異なる引出物の中身

地元らしさを取り入れた引出物

f:id:ayn-n02:20190225100511j:plain

引出物の費用を抑えるにあたってまず注意するべきことがあります。

 

それは、引出物は住んでいる地域によってつける品数や金額、物が変わってきます。

 

北海道の方では会費制の結婚式が主流のため引出物の品数も費用も少なめ。

都会でも引菓子と記念品といったシンプルな内容が多くなります。

 

一方、東海地方や北陸地方にいくと派手な引出物が多く、記念品に2人の名前を入れた名披露目や鯛のかまぼこなどを付けるなどその地域の風習があり金額も全国の平均を上回っています。

 

また九州の方では有名なお酒や焼き物などを引出物で付ける方も多いようです。

 

なので、住んでいる地域によっては引出物でグッと費用を抑える事もできれば、引出物の費用を抑え難くなる地域もあるという事になります。

 

しかし、そんな新郎新婦さまでも引出物の費用を抑える事は可能です!

 

豪華なかご盛りやかまぼこを付けなくてはいけなくても

他の引出物で費用を抑える事は十分可能です。

 

まずは、引出物の一般的な品数を見ていきましょう。

結婚式の引出物の品数は何品つけるのがマナー?

親族・友人によって違う引出物の品数

f:id:ayn-n02:20190225095906j:plain

結婚式の引出物の費用を抑える上で知っておくべき事が、引出物の品数になります。

 

引出物は割り切れない数字で7、5、3品と付ける方が多く

【親族】5品〜7品

【会社上司】3品〜5品

【友人】3品

が、平均的な品数で付けられています。

 

しかし品数も時代とともに少しずつ変化しており、

昔は親族にも5品や7品と数多くつけていましたが、最近では

 

『量が多いと持ち帰るのが大変』

 

『実際貰っても使わない、食べない物が多い』

 

と、いう事で品数を減らして中身を充実させる方も増えてきています。

 

昔は、食べきれないほどの料理、豪華な引出物を付ける事が『おもてなし』とされていましたが、最近ではゲストが本当に必要なものや喜ぶものを贈る事が『おもてなし』とされています。

 

引出物の品数を減らしても、相手が喜ぶものをキチンと選ぶという事が費用を抑える上で重要になってきます。

 

 

ゲスト別引出物の人気商品と相場の記事はコチラをご覧ください^^

www.ayn-n02.com

引出物の費用を賢く抑える①引菓子

相手の状況に合わせたお菓子選び

f:id:ayn-n02:20190225100535j:plain

 それでは、ここから引出物の費用を抑えるための3つのポイントをご紹介していきます。

 

まず、最初にご紹介をするのは引出物に欠かせない『引菓子』についてです。

 

引菓子は1,000円〜3,000円ほどのお菓子が多くなります。

 

その中でも和菓子は、お饅頭やバームクーヘンなど洋菓子に比べて費用が高いものが多くなります。

 

親族には『和菓子』というイメージもあるかもしれませんが、年々、親族にも洋菓子を付ける方が増えてきています。

 

風習も大切ですが、相手の状況に合わせて本当に喜ばれるものを付けることが引出物選びでは大切になります。

 

洋菓子であれば1,000円前後のものも多いため、和菓子を選ぶよりも費用を抑えることができます。

 

1,000円のお菓子の違いでも世帯分となればかなり大きい額になります。

 

ゲストが50名いた場合、

 

1,000×50=50,000

 

引菓子で5万円の費用を浮かすことができます。

 

最近では、デニッシュなども引菓子として人気の商品になるので喜ばれる引菓子をぜひ選んでみてください。

引出物の費用を賢く抑える②記念品

人気のある記念品の紹介

f:id:ayn-n02:20191013231019j:plain

続いて記念品をみていきたいと思います。

 

記念品はお皿やグラス、鍋など幅広く品物があり、記念品で費用がグッと高くなる傾向にあります。

 

また、数ある記念品の中から1つ品物を選ぶのが大変ということでカタログギフトを選ぶ方も多くいます。

 

しかし、カタログギフトだと安いものでも2,500円〜3,000円ほどし、結婚式によく出席している方だとカタログギフトの内容で大体の金額が分かるという方もいらっしゃいます。

(わたしもカタログギフトの内容を見たらいくらのカタログか分かるようになりました・・。)

 

友人であれば、2,500〜3,000円のカタログギフトで妥当な金額なのですが、

上司や親戚にはいただくご祝儀も多くなるので、あまり安すぎるカタログギフトを付けるのは気が引けてしまいます。

 

しかし、カタログギフトではない実際の品物では1,000円〜2,000円くらいでも十分かわいいグラスやお皿など多くあります。

 

友人につける引出物もカタログギフトだと最低でも2,500円ほどかかってしまいますが、カタログギフトではなく品物を選んで贈れば1,000円、2,000円でも十分喜ばれる品物が贈れます。

 

実際、カタログギフトは選ぶ手間も省けて好きなものを届けてくれる代わりに、本のパッケージ料や送料も金額に含まれるため、同じ3,000円でも品物を選んで付ける方が質の良いものを付ける事ができます。

 

特に、選んだ後にアルバムにできるようなタイプのカタログギフトはパッケージに費用がかかりすぎているため、内容的には1,000円〜2,000円くらいの物から選んでもらう事になります。

 

品物を選んで付けた場合は、カタログギフトと違って1,000円〜2,000円の記念品を付けてもそれがいくらなのか分かる人はいません。

 

親戚にも5,000円〜8,000円のカタログギフトを付けるなら、3,000円くらいでも喜ばれるステキな品物を贈る事ができます。

 

なので、費用を抑えたい方にはカタログギフトよりも品物を付ける事をおすすめします。

 

品物で1人2,000円抑えることが出来れば、ゲストが50人いた場合

2,000円×50=100,000

 

記念品だけで10万円も費用を浮かす事ができます。 

 

また、品物に特別感を出す事で記念品の価値をグッとあげる事もできます。

 

例えば、結婚式にもらった物と分かるようにゲストの名前が入った記念品なども人気があります。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

THE席札屋(@sekifudaya)がシェアした投稿 -

こちらは、お箸にゲストの名前を入れられる記念品になるのですが、

記念品だけではなく席札代わりとしても使える一石二鳥アイテムなのです。

 

また、このお箸を使って披露宴中の料理を食べてもらう事もできるので

料理の面でも特別感を出す事ができます。

 

お箸をプチギフトの品物として用意すれば、もう1品1,000円くらいのグラスなどを贈ってもカタログギフトを付けるより費用も抑えられインパクトもあります。

 

1人1人の名前が入ったモノは手間がかかっているのが分かるので贈った側の気持ちも伝わりやすく結婚式ならではの記念品感を出す事ができます。

 

引出物選びは記念品で費用を抑える事が1番の近道であり、気持ちが伝わるものになります。

 

費用を抑えてもかわいい、2人らしい記念品を選んでゲストに喜んでもらいましょう。

 

彫刻名入れ無料 銘木 手彫り箸 一膳 ギフトBOX入り【送料無料 名入れ箸 プレゼント ギフト 贈り物 バレンタインデー 退職祝い お箸 男性 引き出物 誕生日 女性 お祝い 記念品 はし 粗品 オリジナル箸 内祝い ドラジェ 卒園 卒業 お礼品】

価格:800円
(2021/4/19 10:50時点)
感想(649件)

 

引出物の費用を賢く抑える③その他の引出物

かご盛りの代わりやもう1品付けたい時におすすめの引出物

f:id:ayn-n02:20191016103440j:plain

最後にご紹介をするのは、かご盛りに変わる引出物や

もう1品何かプラスしたい時に使える引出物です。

 

かご盛りの中には、

♡レトルト食品(パスタソースなど)

♡ハム

♡乾物(鰹節や昆布)

♡フルーツ

♡調味料

♡お酒

などが入っているのですが、かご盛りを付けない代わりにこれらのものを単品で付けることもできます。

 

その際に注意するべき事は

 

『自分では買わないけど、あると嬉しいもの』

 

を、贈ることです。

 

言い換えれば、

 

『欲しいけど、これにこの値段を出すのは勿体無い』

 

と、思わせるものです。

 

例えば、調味料の場合、料理で必ず必要になる塩や醤油などがあります。

 

同じ1,000円のものを付けるにしても

塩・胡椒・醤油・味噌がセットになっているけど、どのメーカーのものか分からない

と、いう物よりも、

 

『1本だけど、1,000円するミネラル豊富なヒマラヤ岩塩のお塩』

 

と、いうブランディングがしっかりされているものを贈る方が特に女性は喜ばれます。

 

料理をされる方であれば、『少し高級なオリーブオイル』なども喜ばれます。

 

引出物の費用は抑えつつ、『良いものをもらった』と思われるものを贈る事が大切になります。

 

今の時代の傾向としても、量やボリューム重視の引出物を選ぶよりも、

希少価値の高い1品を贈る方が時代的にもあっています。

 

あと1品、何を付けるか迷った際はぜひ、ここを意識してみてください。

 

【引出物の費用】15万円抑える重要な3つのポイントを徹底解析まとめ

費用を抑えてもゲストに喜ばれる引出物を選ぶには

f:id:ayn-n02:20190225100556j:plain

結婚式の費用はどこで金額を抑えるかがとても重要になってきます。

 

その中でも引出物は、賢く選ぶ事でかなり費用を抑える事ができます。

そして、費用を抑えるだけではなく『本当に喜ばれるもの』をゲストに贈る事ができます。

 

数ある中から引出物を選ぶのは大変ですが、そこも楽しみながら引出物選びをしてみてください。

 

別アイテムのブログもぜひ参考にしてみて下さい^^

www.ayn-n02.com

 家族婚・少人数婚の方はコチラもチェック!

www.ayn-n02.com

プレ花嫁専用ブログ 

f:id:ayn-n02:20190728145125j:plain

 

 

ブログをご覧いただきありがとうございます^^

 

このブログでは11年間ウェディングプランーをしていた経験を活かして、結婚式を控える花嫁さんや結婚式の準備中の花嫁さんに役立つアイディアや、現場にいたからこそ伝えられる結婚式を挙げる上でのポイントなどを書いています。

 

お役に立てる記事があるかと思いますので、是非こちらをクリックしてご覧ください♡

 

 

www.ayn-n02.com