ハワイ好きウェディングプランナーが書くプレ花嫁専用ブログ

ハワイの新婚旅行でのおすすめスポットや結婚式のお悩み解決ブログ

結婚式の新婦手紙を書く時に気を付けたいポイントまとめ

結婚式のクライマックスで読む新婦手紙。

 

今までの感謝の想いを親御さまに伝える

大切なシーンですが、

 

思い出がありすぎる分、

何を書いたらいいのか分からなくなる人も多いのではないでしょうか。

 

また、新婦手紙は

大体3分〜5分くらいの時間の中で読むため、

 

たくさんある感謝の気持ちを凝縮して伝える必要があります。

 

そこで今回は5分という時間で

感謝の気持ちを伝える新婦手紙の書き方のポイントをお伝えしていきます。

新婦手紙は結婚式で一番感謝を伝えられる場面

今までの感謝の気持ちをまとめるには

f:id:ayn-n02:20190317174820j:plain

 

新婦手紙は結婚式で親御さまに、

一番感謝を伝えられるシーンになります。

 

そして日頃聞く事のできない

新婦さまの親御さまに対する想いを聞けるシーンでもあります。

 

その為、新婦手紙のシーンを楽しみにしているゲストも沢山いらっしゃいます。

 

しかし、今まで育ててきてくれた親御さまへ

伝えたい想いがたくさんあり、

 

手紙の内容がまとまらないという方や、

逆に何を書けばいいのか全く分からないという新婦さまが多いのも事実です。

 

ウェディングプランナー時代もよく新婦さまから

 

『結婚式の準備は全て終わったけど新婦手紙だけが書けていない。』

 

『手紙の内容が全くまとまらない。』

 

という声を何回もいただきました。

 

そして実際に結婚式で新婦手紙を

何百回と聞いていく中で、

 

親御さまやゲストの心に届く手紙を書くためには、あるポイントを抑える事が大事だという事に気がつきました。

 

新婦手紙は長すぎず短すぎず便箋2、3枚にまとめる

5分ほどの時間におさめるように手紙を書こう

f:id:ayn-n02:20190317183039j:plain

 

新婦手紙を書く上でまず大切なのは手紙を書く枚数です。

 

大体便箋2、3枚程度が好ましく読む時間的には3分から5分ほどが一番ベストな時間配分になります。

 

これ以上短すぎるとあっさりしすぎていて文章が抽象的になりやすくなります。

 

聞いているゲストも期待して待っていた新婦手紙があっさり終わってしまうと少し物足りなさを感じてしまいます。

 

逆にこれ以上長くなりすぎると間延びしてしまい新婦手紙がくどくなりすぎてしまいます。

 

感動のエピソードが多くありそれを全部伝えてしまうと日記のようになってしまうので

 

エピソードは1つか2つに絞って伝える事をオススメします。

 

便箋2、3枚にまとめる為には文章の構成が必要になります。

 

新婦手紙を書くためのエピソード文章の構成

エピソード内容は1つ2つに絞って具体的に

f:id:ayn-n02:20190316094453j:plain

 

 新婦手紙を書く際の文章の構成

 

ゲストへのお礼をお伝える

 

結婚式で親御さまはあくまでホスト側になるので、まずはゲストに手紙を書く断りとお礼を伝えるととても丁寧な印象になります。

 

『今日は私たちの結婚式にお越し下さりありがとうございました。この場を借りて両親に感謝の手紙を読ませてください。』

 

など一言付け加えるだけで印象がグッとよくなります。

 

親御さまへの感謝を伝える

 

新婦手紙の冒頭は、

エピソードトークの前に簡単に親御さまへの感謝を伝えましょう。

 

『お父さん、お母さん〇年間大切に育ててくれてありがとうございました。』

 

『今日この日を迎えられたのはお父さんお母さんが愛情をたくさん注いで育ててくれたおかげです。』

 

など最初に親御さまへ感謝の気持ちを伝えていきます。

 

エピソードトークを入れる

 

一番重要な部分になるのがこのエピソードトーク部分。

 

ここでは親御さまとの幼少の頃や学生時代の思い出を具体的なエピソードと一緒に伝えていきます。

 

ここで具体的なエピソードがなく抽象的に感謝の気持ちを伝えてしまうと全体的に薄い印象になってしまう為、思い出に残っているエピソードをしっかりと絞り込みましょう。

 

 『お父さんにはいつも色んな所に連れて行ってもらって何でも教えてもらって感謝しています。』

 

例えばこの文章だと、

 

*色んな所に連れて行ってもらった。

 

*何でも教えてもらった。

 

と、いう事は分かるのですが

具体的なエピソードがない為、

情景が想像しにくく、内容が薄っぺらく感じてしまいます。

 

ここで具体的なエピソードとして

 

『お父さんとの一番の思い出は小学校の頃に自転車で一緒に蛍を見に行った事です。

10キロの道のりを疲れさせないように、しりとりをしながら連れて行ってくれて自動販売機を見つけるとジュースを買って休憩しながら暑い中走ってー』

 

と、いうように

 

『いつ』『どこで』『何をした』

 

という具体的なエピソードがあるとグッと情景が浮かびやすくなりゲストも感情移入がしやすくなります。

 

自分の心にあった気持ちを伝える

 

この、具体的なエピソードを紹介した後に自分の心の気持ちを親御さまに伝える事でより感謝の気持ちを伝える事ができます。

 

『私はこの時、お父さんと一緒に蛍を見れた事が嬉しくて今でもあの道を通るとお父さんを思い出します。』

 

『私にいつか子供ができたらお父さんが連れて行ってくれたように子供と自転車に乗って蛍を見に行きたいです。』

 

など、その時は伝えられなかった想いを伝える事で親御さまもその時の記憶が蘇ります。

 

また、新婦さまがその時の思い出を

 

『そういう風に思っていてくれたんだ』

 

と、親御さまも知る事ができるのでエピソードに深みをだすことができます。

 

当別なエピソードではなく日常のエピソードでも十分感謝を伝える事ができます。

 

『仕事をしながら毎日5時に起きて栄養のバランスを考えながらお弁当を作ってくれたお母さん、どんなに仕事で帰るのが遅くなってもご飯を作って寝ずに待っていてくれてー』

 

というような内容や

 

『学生時代、人間関係の事で悩んでいる私に一緒に涙を流しながら朝まで話に付き合ってくれたー』

 

など、普段過ごしてきた日常の中での感謝の気持ちも具体的な内容を入れる事でその時の情景が浮かんできます。

 

情景を浮かびやすくする事で、より新婦手紙の内容に感情移入する事ができます。

 

新郎新婦で歩む人生への意気込み、新郎の両親への感謝を伝える

文章の締め分をまとめよう

f:id:ayn-n02:20190317074756j:plain

 

親御さまのエピソード文章の後は、

これから歩んで行く自分たちの人生の意気込みを親御さまに伝えていきましょう。

 

『これからはお父さんお母さんにもらった愛情を胸に〇〇さんと素敵な家庭を築いて行きます。』

 

『いつも心配ばかりかけていたけど私の周りにはいつも味方になって支えてくれる人がたくさんいるのでもう心配しなくても大丈夫だよ。』

 

など、親御さまにとっては今まで育ててきた娘が巣立つ時、

 

子育ての卒業になるのでその節目としてこれからは自分でしっかりと人生を歩んで行くという誓いを親御さまに立てていきましょう。

 

親御さまもこの言葉を聞いて安心する気持ちと子育ての卒業を実感する事ができます。

 

そして最後の結びにこれからお世話になる新郎さまの親御さまへ感謝の気持ちを伝えていきます。

 

『〇〇さんのお父さん、初めてお会いしたときからいつも優しく接してくださりありがとうございます。』

 

『〇〇さんをこんなに優しくて素敵な人に育ててくれてありがとうございます。』

 

など相手の親御さまへの思いを伝える事で両家の家族の一体感が生まれてきます。

 

結婚式の新婦手紙を書く時に気を付けたいポイントまとめ

素直に自分の気持ちを親御さまに伝えよう 

f:id:ayn-n02:20190316084202j:plain

 

新婦手紙は今まで素直に伝える事ができなかった親御さまへの感謝をありのまま伝える事ができる大切な時間です。

 

普段は恥ずかしくて言えなかった事も結婚式だからこそ伝える事ができるのです。

 

この時にもらった新婦手紙は親御さまにとって一生の宝物になります。

 

自分の歩んできた人生を一度ゆっくりと振り返って思いのまま手紙を書いてみましょう。

 

素敵な結婚式になる事を祈っています♡

 

 

プレ花嫁専用ブログ 

f:id:ayn-n02:20190728145125j:plain

 

 

ブログをご覧いただきありがとうございます^^

 

このブログでは11年間ウェディングプランーをしていた経験を活かして、結婚式を控える花嫁さんや結婚式の準備中の花嫁さんに役立つアイディアや、現場にいたからこそ伝えられる結婚式を挙げる上でのポイントなどを書いています。

 

お役に立てる記事があるかと思いますので、是非こちらをクリックしてご覧ください♡

 

 

www.ayn-n02.com