結婚式プレ花嫁専用ブログ

元ウェディングプランナーが書く結婚式を控えるプレ花嫁応援ブログ

家族婚で引出物は必要?家族婚・少人数婚の引出物事情を徹底解析

こんにちは、元ウェディングプランナーのAyanoです。

 

結婚式といえばゲストにお渡しする引出物あありますが、家族婚や少人数婚の場合、引出物は付けるものなのか、どのような物を付けたらいいのか、という疑問があるかと思います。

 

そこで今回は、家族婚や少人数婚での引出物事情について徹底解析していきたいと思います。

 

結婚式での引出物事情

一般的な引出物の品数や内容は?

f:id:ayn-n02:20190811143401j:plain

 

結婚式の引出物といえば、大きなかご盛りやお赤飯、お饅頭に記念品など昔から馴染みのあるものから、最近では洋菓子やデニッシュ、カタログギフトなど新しい引出物の種類も多くなってきました。

 

引出物は列席ゲストからいただくご祝儀のお返しとしてつけるもので、

親族・上司・友人の3パターンに分けてつけられる事が多いです。

 

品数は割り切れない数字が良いとされており3品、5品、7品というようにつけられるのが一般的です。

 

親族につける引出物

 

一般的には親族には1番ご祝儀をいただくので引出物の金額や品数が1番多くなります。

 

金額は1万円〜1万8千円ほど

品数は3品〜5品

 

赤飯、かご盛り、和菓子、乾物、記念品の5品か

 

赤飯、和菓子、記念品の3品などの付け方があります。

 

 

友人につける引出物

 

友人は親族につけた半分位の金額で引出物を用意する場合が多いです。

 

金額は5千円〜8千円ほど

品数は3品

 

デニッシュ、洋菓子、記念品や

 

ハム、洋菓子、記念品など

 

ゲストの好みに合わせてつけると良いかと思います。

品数を5品にする場合には1つの引出物にかける料金を抑えて5品つける場合もあります。

 

会社上司につける引出物

会社の上司には親族と友人につけた間の金額で引出物を用意する場合が多いです。

 

 

金額は8千円〜1万2千円ほど

品数は3品〜5品

 

赤飯、洋菓子、乾物、調味料、記念品

 

デニッシュ、ハム、記念品など

 

こちらも3品と5品の場合で1つあたりにつける引出物の金額を調整してみてください。

 

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

www.ayn-n02.com

 

家族婚・少人数結婚式の引出物事情

家族婚にも引出物は必要?

f:id:ayn-n02:20190316091238j:plain

 

結婚式では会費制の結婚式以外は列席してくれるゲストに引出物を用意しますが、家族婚や少人数結婚式では引出物は必要なのかという疑問がでてくるかと思います。

 

家族婚の場合でもご祝儀をいただいている場合は引出物をおつけします。

 

ご兄弟も、両親と別でご祝儀をいただいた場合や世帯がある場合などは引出物をつけるのがマナーです。

 

引出物をつけない場合は事前に家族と相談し、ご祝儀などをいただかないというお話しもしておくとスムーズです。

 

ご親族で1世帯に住んでいる家族でも、伯父伯母と祖父母が別々にご祝儀を出した場合は同じ世帯であっても引出物も別々に用意しておきましょう。

 

家族婚・少人数婚で人気の引出物

家族婚の引出物は見栄えより実用的なものを送ろう

f:id:ayn-n02:20190225100511j:plain

 

結婚式の引出物は見栄えを気にして大きなかご盛りや鯛のかまぼこをつける風習もありますが、家族だけであれば見栄えよりも内容が充実した引出物が喜ばれます。

 

最近ではシンプルにお赤飯、お菓子、カタログギフトなど持ち運びもしやすく実用的なものをつけられる新郎新婦さまが多いです。

 

また、ご祝儀がなく引出物をつけない場合でも気持ちとしてカタログギフトだけを用意する新郎新婦さまもいらっしゃいます。

 

最近では、カタログの本をお渡しするのではなく、ネットで注文ができるカタログギフトが人気で、選べる種類が多く、カタログがかさばることもなく、ポストに郵送する手間も省けるので荷物を増やしたくない新郎新婦さまにはオススメです。

 

また、引出物の持ち込み料がかかる結婚式場でも、このネットカタログはコードが書いてある紙を渡すだけなのでお手紙と一緒に同封することもできるので持ち込み料もかかりません。

 

 

注文はこちらから 

 

 家族婚では内容を重視して引出物を選んでみてください。

 

家族婚で引出物をつけない場合のおもてなし術

当日使ったお箸がプレゼントになるおもてなし

f:id:ayn-n02:20190225100556j:plain

 

家族婚でご祝儀をいただかず、引出物をつけない場合でも何か1つ結婚式の記念になるものをつけたい。

 

お菓子や赤飯もいいけど、どうせなら記念に残るものを渡したい。

 

そんな新郎新婦さまにオススメなアイテムはゲストの名前が入ったMy箸です。

 

My箸は、席札として用意することもできるのと当日のお食事をMy箸を使ってお召し上がりいただけ、最後には記念として持ち帰ることもできる一石三鳥のアイテムです。

 

金額も1,000円以内で用意できるので席札を用意する事を考えるとだいぶお得になります。

 

何より、両家でお揃いの箸を記念として使えるので一生の思い出になります。

 

 

注文はこちらから

 

引出物をつけないからこそひと工夫でおもてなしをしてみてはいかがでしょうか。

 

家族婚で引出物は必要?家族婚・少人数婚の引出物事情を徹底解析まとめ

家族婚の引出物は実用的な喜ばれるものでおもてなしをしよう

f:id:ayn-n02:20190225100454j:plain

 

いかがでしたでしょうか。

家族婚の良さはアットホームな雰囲気で家族の絆を深められることです。

 

だからこそ、引出物も形式張ったものではなく本当に喜ばれるものを送る事をオススメします。

 

家族間であってもマナーはたいせつに素敵な家族婚を挙げてください^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレ花嫁専用ブログ

f:id:ayn-n02:20190727141533j:plain

 

ブログをご覧いただきありがとうございます^^

 

このブログでは11年間ウェディングプランーをしていた経験を活かして、結婚式を控える花嫁さんや結婚式の準備中の花嫁さんに役立つアイディアや、現場にいたからこそ伝えられる結婚式を挙げる上でのポイントなどを書いています。

 

お役に立てる記事があるかと思いますので、是非こちらをクリックしてご覧ください♡

 

www.ayn-n02.com