元ウェディングプランナーが書くプレ花嫁専用ブログ

結婚式を控えるプレ花嫁に届ける演出アイディアお役立ち情報ブログ

事前確認で賢く結婚式を挙げよう【式場見学】に行く前に知っておきたい豆知識

式場見学に行く際に、ちょっとした知識があるだけで、結婚式場の見方が180度変わるのをご存知ですか?

 

『式場見学は事前確認が勝負』

 

と言っても過言ではありません。

 

何も分からない状態で行くよりも抑えるポイントを事前に知っているだけで各式場の比較がしやすくなり、後々料金が急激に上がってまったり式場選びに後悔をする事がなくなります。

 

今回は式場見学に行く前に知っていると得する豆知識と確認ポイントをご紹介していきます。

 

 

式場見学では何をするの?

式場見学の内容

f:id:ayn-n02:20190727141717j:plain

 

式場見学では、最初にカウンセリングを取り希望の結婚式の時期や人数、予算、こだわりのポイントなどを記入していきます。

 

その後に教会や披露宴会場などを見学して式場の雰囲気を確認し、最後に見積もりを出して結婚式にかかる費用の話しをします。

 

ブライダルフェアが開催されている日は料理の試食会や、ドレスの試着会などもあり、より具体的に式場について知ることができす。

 

式場見学の前に知って得する豆知識①ブライダルフェアの内容

ブライダルフェアの内容を把握してお得にまわろう

f:id:ayn-n02:20190727141622j:plain

 

まず式場見学に行く前に確認をして欲しい事が、その日に開催されているブライダルフェアの内容です。

 

式場見学ではその日によって料理試食やドレス試着などのイベントが開催されている日があります。

 

ブライダルフェアでの料理試食やドレス試着は無料で体験ができるものなので、ただ式場見学に行くよりもその式場の料理の味やドレスの種類を実際に知る事ができるのでとてもお得なのです。

 

式場見学に行く際は、その式場のイベント内容を確認して予約を取りましょう。

 

結婚式場の予約なら HIMARI(ヒマリ)

 

POINT

行きたい式場が決まったらウェディングフェアのイベント内容を確認してから予約を取ろう

立地を確認して送迎の有無を確認しよう

送迎も結婚式ではかかせない費用

f:id:ayn-n02:20190326233625j:plain

 

次にご紹介をするのは、式場の立地です。

 

式場が駅から近いのか、車がないと行けない場所なのかを実際に見学に行って把握しておきましょう。

 

駅から式場が遠い場合は、送迎のバスがあるのかを事前に確認しておきましょう。

 

式場でバスを持っているところであれば、駅までの送迎を無料でつけてくれますが、バスを持っていない式場でも、事前にバスが必要な事を伝えておくと特典としてバスを手配してくれるケースがあります。

 

これは、式場が決定してしまった後にバスが必要だと伝えても特典ではつけてくれない場合が多いので、必ず式場と契約をする前に確認をしましょう。

 

バスなどの送迎も結婚式の費用では欠かせない部分になるので事前確認を行っていきましょう。 

 

POINT

駅から遠い場合や遠方からのゲストが多い場合は必ずバスの有無を式場に確認しておこう。

両家の控え室の場所の確認をしよう

ゲストへのおもてなし

f:id:ayn-n02:20190316091238j:plain

 

式場見学では、教会や披露宴会場の見学は必ず行いますが、列席をしてくれるゲストの控え室も必ず確認をとるようにしましょう。

 

ゲストの控え室は、式場によって新郎家と新婦家が一緒な控え室な場合と別々な控え室の場合があります。

 

両家別々の控え室がよかったのに、後から一緒な控え室だということに気がついても遅いですし、待ち時間に見てもらえるアルバムやDVDのスライドショーを用意したのに控え室がバラバラだったという事がないように事前に確認をしておきましょう。

 

また各式場によって待合室の広さや、ドリンクの種類、お部屋1つにつき料金がかかるかなども異なるので最初に確認をしておくと、他式場と比較して検討することができます。

  

POINT

教会や披露宴会場と合わせて両家の控え室も必ずチェックしておこう。

衣裳ブランドの把握をしておこう

着たいドレスを着るために事前確認をしよう 

f:id:ayn-n02:20190806150926j:plain

 

新婦さまにとってドレス選びは最も楽しみな打ち合わせですが、ドレスの種類や、数量、ブランドなどは各式場が提携する衣裳屋によって異なります。

 

その為、着たいブランドのドレスがあったのに決めた式場の衣裳屋にそのブランドのドレスがなければ着ることができないのです。

 

結婚式場でのドレスの持ち込みは基本NGで、持ち込みがOKだとしても必ず衣裳の持ち込み料がかかります。

 

その他にも、衣裳を持ち込んだことによって割引特典がつかなくなるケースもあるので衣裳持ち込みは極力避けたいところ。

 

そうならない為にも、事前にドレスのリサーチをして好きなドレスデザインやブランドを伝えておくとその式場に同じドレス、または似たドレスがあるのかを調べてもらう事ができるので安心です。

 

POINT

式場見学の前に自分の好きなドレスのデザインやブランドを調べておこう。

持ち込み品の許可範囲を確認しよう

どこまで持ち込みができるか

f:id:ayn-n02:20190317074444j:plain

 

衣裳もそうですが、式場では持ち込みが不可なものと、料金を払えば持ち込めるものがあります。

 

ウェルカムボードなどの手作り品は基本持ち込みOKな式場が多いですが、持ち込み不可なもの、持ち込み料がかかる物も多数あります。

衣裳

引出物

カメラマン

料理

ケーキ

フラワーシャワー

などが持ち込みを断られる、もしくは料金がかかる場合があります。

 

持ち込みたいものがある場合は式場と契約をする前に事前に伝えておく事で、特別許可が降りる場合もあります。

 

事前に、持ち込みはできるのか、その場合の料金はいくらかを確認しておく事で他式場との持ち込み料金の比較をすることができます。

 

POINT

>持ち込みたい物がないか事前にリストアップをしておこう。

事前確認で賢く結婚式を挙げよう【式場見学】に行く前に知っておきたい豆知識まとめ

事前確認で賢く結婚式を挙げよう

f:id:ayn-n02:20190317074756j:plain

 

いかがでしたでしょうか。

式場見学でも事前に知っておく事でお得になる事や後悔しない為のポイントがたくさんあるのです。

 

式場見学は、事前確認が勝負といっても過言ではありません。

 

事前確認で賢く結婚式を挙げて素敵な結婚式にしましょう^^

 

 

プレ花嫁専用ブログ

f:id:ayn-n02:20190727141533j:plain

 

ブログをご覧いただきありがとうございます^^

 

このブログでは11年間ウェディングプランーをしていた経験を活かして、結婚式を控える花嫁さんや結婚式の準備中の花嫁さんに役立つアイディアや、現場にいたからこそ伝えられる結婚式を挙げる上でのポイントなどを書いています。

 

お役に立てる記事があるかと思いますので、是非こちらをクリックしてご覧ください♡

 

www.ayn-n02.com