元ウェディングプランナーが書くプレ花嫁専用ブログ

結婚式を控えるプレ花嫁に届ける演出アイディアお役立ち情報ブログ

もう迷わない!【式場探し】のコツ予算内の式場を効率的に見つける方法

式場探しに疲れてしまった新郎新婦さまはいませんか?

 

雑誌やネットを調べても

 

『イマイチ式場の情報が分からない』

 

『細かい予算の部分をもっと知りたい』

 

そう思ってはいませんか。

 

実際に式場に足を運んで聞くのが1番ですが、式場見学には1件につき3、4時間ほどの時間がかかってしまう為まわる式場も3件ほどにしぼりたいところ。

 

そこで今回は、結婚式の希望の予算から候補の式場を見つける方法をご紹介していきます。

 

 

 

結婚式にかかる費用について

決められた予算内で結婚式を挙げたい

f:id:ayn-n02:20190907211219j:plain

 

結婚式場を決める条件として最もあがる意見は『料金』といっても過言ではありません。

 

結婚式では1日で何百万円ものお金が動くので式場選びも慎重に行いたいところ。

 

候補の式場があっても、式場見学で見積もりを出してもらったら予算オーバーで時間を無駄にしてしまったという声も多く聞きます。

 

予算を重視する方には最初に予算内で結婚式を行える式場を絞ってから式場選びをする方が遥かに効率的なのです。

 

確かに、最初から自分たちの予算内の式場だけを知ることができたら、その中から希望の式場を探せるから効率的だね。

 

式場選びに時間をかけすぎると人気の日にちもどんどん埋まっていってしまうから効率的に式場探しをすることが大切だよ。

 

各式場の結婚式にかかる費用を知る方法

雑誌やネットの情報

f:id:ayn-n02:20190806150926j:plain

 

式場見学では、結婚式にかかる費用を見積もりで出してもらう事ができます。

 

見積もりでは、大体の人数や要望などを聞いた上で見積もりを出してもらうこともできるのでその式場での大体の結婚式にかかる費用を把握することができます。

 

しかし、気になる式場全てに足を運んでいては時間がいくらあっても足りません。

 

これからはじまる結婚準備のためにも時間をなるべく有効に使いたいところですよね。

 

雑誌やネットの料金記載

結婚雑誌やネットでは、各式場にかかる平均的な相場が記載されています。

 

しかし、この料金記載はほとんど役にたちません。

 

自分たちの列席人数や、要望などなにも取り入れられていない状態で出された料金表はほぼあてになりません。

 

記載されている金額通りに結婚式を挙げることはほぼ不可能になります。

 

こうした料金記載は最低料金で記載されているケースがほとんどですので最終的な費用からグッと上がってしまうのです。

 

雑誌やネットの相場があまり役立たないのならやっぱり式場に行って見積もりをもらうしか方法はないのかな?

 

式場見学に行かなくても自分たちの結婚式の内容に合わせた料金表を手に入れる方法があるから紹介するね!

 

式場見学の前に見積もりを入手する方法

予約サイトを有効活用

f:id:ayn-n02:20190817201231j:plain

 

そこで、おすすめをしたいのは式場予約サイトをつかって自分たちの結婚式の条件に合った見積もりを作る方法です。

 

こちらの予約サイトでは、式場に見学に行かなくても気になる式場の見積もりを作成して、自己負担額を調べることができます。

 

その為、自分たちの予算内に収まる式場を選んで見学に行くことができるのです。

 

結婚式場"決められる"サイト HIMARI(ヒマリ)

 

予約サイトで要望に合わせた見積もりを作成

自分の要望を盛り込んだプラン

f:id:ayn-n02:20190818230551j:plain

 

この予約サイトのすごいところは各式場の料金表をただ出すのではなく、人数やオプションで追加したいものなどを選択した上で料金表を出してくれるところです。

 

衣裳のランクアップや、アルバムのランクアップなど、あらかじめ自分がこだわりたい部分を高めのオプションに変更をする事で理想に近い料金表を出すことができるのです。

 

また、ランクアップしたバージョンの料金表とノーマルのバージョンの料金表を簡単に出すことができるので、料金比較も簡単に行うことができます。

 

これなら自分たちの予算内の式場を探すことができそうだよ。

 

この料金表をもとに式場探しをして、気になる式場には実際に話しをして更に具体的な見積もりを出してもらうと効率的だよ。

 

自己負担額で候補の式場を絞る

簡単に理想の式場を探せる

f:id:ayn-n02:20190811113412j:plain

 

そして、この予約サイトでは結婚式の料金表を出すだけではなく自己負担額の予算内での式場探しができるのです。

 

自己負担額

自己負担額とは、結婚式にかかる費用からご祝儀などを差し引いた金額で、実際に新郎新婦さまが負担する金額です。

 

自己負担額を50万円で検索をすると、その予算内で結婚式を行える式場を検出してくれるのです。

 

この方法を使えば、一回一回式場のサイトをのぞいて料金を調べなくても、予算内の式場だけを表示してくれます。

 

表示された式場のサイトから気に入った会場を見つけることができるので、

 

『気に入った式場を見つけたけど予算オーバーだった!』

 

という事態を防ぎ、効率よく式場探しをすることができるのです。

 

気に入った式場の空き日を検索

その場ですぐ空き日を確認できる

f:id:ayn-n02:20190805164919j:plain

 

自分たちの予算内で気になる式場が見つかったら、なんとその場で空いているお日にちも検索することができます。

 

結婚式を挙げたい希望の時期や日にちが決まっている方には、これまた式場見学に行かなくても予約サイトで確認ができるのでかなりの時短になります。

 

そして、この予約サイトのさらにすごい所は希望の日にちをそのまま仮予約できてしまうのです。

 

通常、仮予約は式場見学の時に空き日を調べてもらい仮予約をするのが一般的ですが、この予約サイトを使えば式場見学に行く前に仮予約ができてしまうのです。

 

せっかく希望の日にちが空いていても見学の際に埋まってしまっていては意味がありません。

 

人気のお日柄は1年前から予約が入っているので希望の日にちがある方は仮予約のシステムを利用していきましょう。

 

ネットで仮予約ができるなんてすごいね!見学に行く日までに希望の日にちが埋まる心配もないから安心だよ。

 

結婚式では土曜日の大安・友引が最も人気だから気になる日があれば早めに抑えておこう!

 

もう迷わない!【式場探し】のコツ予算内の式場を効率的に見つける方法まとめ

予約サイトを使って効率的に理想の式場を見つけよう

f:id:ayn-n02:20190805164231j:plain

 

いかがでしたでしょうか。

ただ、やみくもに式場探しを行うより予約サイトを使えば簡単に自分の理想にぴったりの式場を見つける事ができます。

 

式場探しに時間をかけるよりは結婚準備にしっかりと時間をつかってステキな結婚式を挙げてくださいね^^

 

 

プレ花嫁専用ブログ

f:id:ayn-n02:20190727141533j:plain

 

ブログをご覧いただきありがとうございます^^

 

このブログでは11年間ウェディングプランーをしていた経験を活かして、結婚式を控える花嫁さんや結婚式の準備中の花嫁さんに役立つアイディアや、現場にいたからこそ伝えられる結婚式を挙げる上でのポイントなどを書いています。

 

お役に立てる記事があるかと思いますので、是非こちらをクリックしてご覧ください♡

 

www.ayn-n02.com