元ウェディングプランナーが書くプレ花嫁専用ブログ

結婚式を控えるプレ花嫁に届ける演出アイディアお役立ち情報ブログ

【結婚式の動画撮影】ゲストに撮影を頼むリスクとは?プロとの違いを徹底解析

結婚式の動画の撮影を列席のゲストである友人や親族に頼もう考えている方はいませんか?

 

結婚式が終わった後に思い出を振り返る事ができる動画撮影。

 

写真とは違い、実際のスピーチや余興なども動きや音声付きで楽しめる為、記録に残される方も多いですが、撮影の仕方によっては全く意図していない仕上がりになってしまう可能性もあります。

 

今回は、結婚式の動画を列席ゲストに頼む際の注意点とプロの撮影との違いをご紹介していきます。

 

 

結婚式で依頼する動画撮影の相場

プロに頼む動画撮影

f:id:ayn-n02:20190921205716j:plain

 

結婚式では、写真を写すカメラマンの他にオプションで動画の撮影を依頼する事もできます。

 

写真とは違う面で動きのある映像を残せる為、撮影をお願いしたい新郎新婦さまも多いかと思いますが、費用もそれなりにかかってきます。

 

動画の撮影を式場で依頼した場合の相場は平均で15万円くらいになります。

 

結婚式の費用を考えると決して安くはない金額ですがプロが撮影するメリットはたくさんあるのでプロとの撮影の違いと、ゲストが撮影する際の注意点をご紹介していきます。

 

プロの撮影とゲスト撮影の違い①アングル

挙式中のビデオアングルの違い

f:id:ayn-n02:20190921205656j:plain

 

まず、プロのビデオマンとゲストの撮影では撮影をするアングルに違いがあります。

 

特に撮影の違いが出る部分は挙式中になります。

 

挙式中は、新郎新婦さまはほとんど聖壇の方を向いているのでゲストから見ると後ろ姿がメインになります。

 

プロのビデオマンのみ、挙式の妨げにならないよう聖壇側からの撮影が許可されている為、新郎新婦さまを正面から撮影する事ができます。

 

また、挙式中は立っての撮影が禁止されている式場が多いのでゲストが撮影する際は撮影できるアングルが限られてきます。

 

三脚などを立てると後ろのゲストが見えにくくなってしまう為、注意が必要です。

 

1POINTアドバイス

ゲストに撮影をお願いする際は、前の方のお席でバージンロード側からの撮影をお願いしましょう。

 

プロとゲストの撮影の違い②進行の把握

大切なシーンの撮り逃しがないよう注意

f:id:ayn-n02:20190921205604j:plain

 

プロのビデオマンは式場スタッフと一度進行の確認チェックを行います。

 

その為、どのタイミングでどの演出に行くかが全て頭に入っているので大切なシーンを撮り逃す事がありません。

 

また、演出が行われる際の立ち位置や入場場所も全て把握しているので、1番ベストなポジションで新郎新婦さまをおさえてくれます。

 

その為、ゲストに撮影をお願いをする際も結婚式の進行を把握してもらう必要があります。

 

1POINTアドバイス

ゲストに撮影をお願いする際は、事前に当日の進行表を渡しておき、大切なシーンの撮り逃しがないようにお願いをしておきましょう。

 

プロとゲストの撮影の違い③音声

大事な音声が全然聞こえない!?

f:id:ayn-n02:20190921205626j:plain

 

プロの使うビデオは勿論機能が良いものを使用している為、映像の鮮明さに違いがあるのは当然ですが最も違いがあるのは音声になります。

 

一般的に普及しているビデオカメラは音声がビデオカメラ本体についている為、撮影する際に近くにいる人の声が1番大きく入ってしまいます。

 

その為、友人からのスピーチや余興などを離れた場所から撮影した場合、音声が聞こえにくく、尚且つ近くのゲストの声が入ってしまう為、せっかく楽しみにしていたシーンの音声が全然聞こえないという事態が発生してしまいます。

 

そうならない為にも撮影中のポジショニングがとても重要になってきます。

 

1POINTアドバイス

ゲストに撮影をお願いする際は音声にも配慮をした撮影をお願いしましょう。

 

プロとゲストの撮影の違い④暗転シーン

真っ暗で何も映っていない

f:id:ayn-n02:20190916225536j:plain

 

結婚式では、照明の暗転が多くあります。

 

演出ムービーを上映する際や、お色直しのキャンドルサービス、余興や、新婦手紙など、そのシーンにより会場の照明が暗くなったり明るくなったりします。

 

プロのビデオマンであれば、すぐに会場の照明に合わせて撮影モードを設定をできるのですが、一般の方だと何回も変わる照明の暗転に対応できず、真っ暗で新郎新婦が全く見えないという事態になりかねません。

 

せっかくの大切なシーンに画面が真っ暗だと撮影をした意味がありません。

 

1POINTアドバイス

ゲストに撮影をお願いする際は事前に照明の暗転に対応してもらえるよう設定の把握をお願いしておきましょう。

 

プロとゲストの撮影の違い⑤編集

見やすい動画への編集

f:id:ayn-n02:20190916225521j:plain

 

プロに動画の撮影を依頼した場合、撮影後の編集もきっちりと行い動画を納品してくれます。

 

動画が編集してある事で見やすさは勿論、シーンごとの区切りもしっかりとしている為、大事なシーンがひとつずつ際立ちます。

 

ゲストが撮影をした場合は、撮りっぱなしのものをそのまま見る事になるので歓談シーンなどダラダラと続く時間もでてきてしまいます。

 

また、プロのビデオマンはその歓談時間を使ってゲストに新郎新婦さまへのメッセージなどをもらってくれます。

 

ゲストからのメッセージをもらう事で演出のない時間も見ていて楽しい動画になります。

 

1POINTアドバイス

ゲストに撮影をお願いする際は、他のゲストや親御さまからのメッセージなどをいただくようにお願いしてみましょう。

 

ゲストへの撮影をお願いする負担

披露宴を純粋に楽しめない

f:id:ayn-n02:20190916225454j:plain

 

ご紹介をしたように、ビデオを撮影すると簡単に言ってもものすごく労力を使います。

 

披露宴中は演出が次々あるため、料理を楽しむ暇もなく撮影を頼まなくてはいけません。

 

その為、撮影をお願いしたゲストには純粋に結婚式を楽しんでもらう事ができません。

 

がっつり撮影をお願いする場合は、ご祝儀の受け取りを断るか、撮影のお礼金を包むようにしましょう。

 

また、撮影の仕上がりに不備があっても仕方がないと最初から腹をくくってお願いをするようにしましょう。

 

【結婚式の動画撮影】ゲストに撮影を頼むリスクとは?プロとの違いを徹底解析まとめ

動画撮影をお願いする際はマナーを守って頼もう

f:id:ayn-n02:20190916223058j:plain

 

いかがでしたでしょうか。

 

動画の撮影は思った以上にゲストへの負担になってしまいます。

 

きちんとした思い出を残したい場合は、多少料金はかかってもプロにお願いする事をおすすめします。

 

結婚式が終わった後も一生手元に残るものになるので慎重に決めて後悔しないようにしていきましょう^^

 

 

プレ花嫁専用ブログ

f:id:ayn-n02:20190727141533j:plain

 

ブログをご覧いただきありがとうございます^^

 

このブログでは11年間ウェディングプランーをしていた経験を活かして、結婚式を控える花嫁さんや結婚式の準備中の花嫁さんに役立つアイディアや、現場にいたからこそ伝えられる結婚式を挙げる上でのポイントなどを書いています。

 

お役に立てる記事があるかと思いますので、是非こちらをクリックしてご覧ください♡

 

www.ayn-n02.com