元ウェディングプランナーが書くプレ花嫁専用ブログ

結婚式を控えるプレ花嫁に届ける演出アイディアお役立ち情報ブログ

結婚式の人気の時間帯は?メリットとデメリットを紹介

結婚式の時間帯を選ぶ時にポイントがあるのをご存知でしょうか。

結婚式の時間帯はそれぞれにメリットとデメリットがあります。


なんとなくで時間帯を選んでしまうと、後々後悔してしまうケースもあります。

今回は、新郎新婦さまの結婚式のタイプ別にどの時間帯を選べば良いのかをメリットとデメリットを踏まえてご紹介をしていきます。


結婚式の時間帯を迷っている方は是非参考にしてみてください。

 

 

一般的な結婚式の時間帯とは

挙式時間と披露宴時間

f:id:ayn-n02:20191007145643j:plain 

結婚式の時間帯は大体4つの時間帯に分けられます。

♡10時挙式 11時披露宴 13時半お開き

♡12時挙式 13時披露宴 15時半お開き

♡14時挙式 15時披露宴 17時半お開き

♡18時挙式 19時披露宴 21時半お開き

それぞれの時間帯のメリットとデメリットをご紹介していきます。

 

結婚式の時間帯①10時挙式♡11時披露宴

朝一の時間帯の結婚式のメリットとデメリット

f:id:ayn-n02:20191006232419j:plain


まずはじめにご紹介をするのは、朝一の挙式時間です。


こちらの時間帯は家族婚を挙げる方に人気の時間帯になります。

 

10時挙式のメリット

♡その日1番の結婚式になる為、縁起が良い。

♡お食事の時間帯がちょうど良い時間。

♡式後に新婚旅行に行ける。

♡二次会まで一旦ゆっくりできる。

♡夏場でも挙式後にガーデンに出やすい時間帯。

♡遠方のゲストがその日に帰れる。

などが挙げられます。

続いてデメリットもご紹介をしていきます。

 

10時挙式のデメリット

♡朝の支度時間が早くなる。

♡遠方ゲストがいる場合、前泊が必要。

♡遠方ゲストがいる場合、二次会まで時間をつぶせる場所がない。

♡着付けの必要なゲストも支度時間が早くなる。

朝一の挙式はどちらかというと家族や親族が中心となる結婚式を挙げる方に人気の時間帯です。


ご年配の方は遅い時間帯よりも朝方などの早い時間帯の方が好まれますし、食事が中心になりやすい家族婚にはお食事の開始もちょうど良い時間帯になります。


個人的な意見としては、朝は顔のむくみがひどすぎるので早すぎる時間帯は避けたいのが本音です…笑

POINT

朝一の時間帯は、遠方のゲストがいる場合は日曜日がオススメ!また、ゲストの年齢層が高い場合も朝一の結婚式は好まれる時間帯です。

 

コチラも合わせてご覧ください♡

www.ayn-n02.com

 

結婚式の時間帯②12時挙式♡13時披露宴

正午の時間帯の結婚式のメリットとデメリット

f:id:ayn-n02:20190921205656j:plain


正午の時間帯の結婚式は全体的にみて人気の時間帯になります。
 
結婚式の時間帯は大体この正午の時間帯から埋まっていくイメージがあります。

個人的にも1番好きな時間帯なのですが、式場によっては正午の結婚式の時間帯がない場合もあります。

正午の時間帯の結婚式のメリットとデメリットをご紹介していきます。

 

12時挙式のメリット

♡お食事時間がちょうど良い時間帯。

♡晴れた日の日差しが1番明るい時間帯。

♡支度時間が早すぎない。

♡ゲストも午前中にゆっくり支度ができる。

♡遠方のゲストでも日帰りができる時間帯。

 披露宴のお食事の時間帯がちょうどよく朝も早すぎない為、人気の時間帯になります。

デメリットもご紹介をしていきます。

12時挙式のデメリット

♡二次会までの時間が中途半端に空く。

♡夏場はガーデンにでると暑すぎる。

 12時挙式が個人的に好きな為かあまりデメリットがでてきませんでしたが…

女性のゲストからすると、朝が早すぎないので着物を着る場合やヘアセットに行く場合も早朝料金も取られず美容院に行けるのでありがたいですよね。

POINT

全体的みにて一番人気の時間帯。予約をする際は早めに取らないと埋まりやすい時間帯でもあります。

 
コチラも合わせてご覧ください♡

www.ayn-n02.com

 

結婚式の時間帯③14時挙式♡15時披露宴

お昼過ぎの時間帯のメリットとデメリット

f:id:ayn-n02:20190921205604j:plain


こちらはお昼を過ぎた結婚式の時間帯で、友人が多い結婚式などで人気な時間帯になります。

  

14時挙式のメリット

♡午前中にゆっくりできる。

♡二次会の開始時間がちょうど良い。

♡遠方のゲストが来やすい時間帯。

♡昼と夜の雰囲気を両方味わえる。

お昼過ぎの時間帯だと 、遠方のゲストも前泊しなくても来やすい時間帯になります。

また、遠方の友人が多い場合、二次会までの待ち時間もないので二次会会場に直行できるのも嬉しいですよね。

 

14時挙式のデメリット

♡お食事時間が中途半端な時間帯

 

♡二次会に直行する場合荷物がかさばる

 14時式もデメリットの数的には少ないのですが1番懸念されるのがやはりお食事の時間帯です。


とくにご親戚が多い場合は、お食事を楽しみに来られる方も多い為、この時間帯を避けられる方もいらっしゃいます。


逆に友人が多い場合は、二次会の時間の兼ね合いからこの時間帯が最も人気の時間帯になります。


わたし自身も友人の結婚式に列席をした際に1番多かったのがこの時間帯です。

 

POINT

遠方の友人が多い結婚式では1番人気の時間帯。時間帯が早すぎず遅すぎないので遠方のゲストにとっては1番行動がしやすい時間帯です。


コチラも合わせてご覧ください♡ 

www.ayn-n02.com

 

 

結婚式の時間帯④17時挙式♡18時披露宴

ナイトウェディングの時間帯のメリットとデメリット

f:id:ayn-n02:20190916225536j:plain


最後にご紹介をするのはナイトウェディングの時間帯です。


ネイトウェディングの時間帯の結婚式では、ロマンチックな大人な雰囲気を出す事ができます。

 

17時挙式のメリット

♡食事の時間がちょうど良い時間帯。

♡ロマンチックな雰囲気で挙式ができる。

♡遠方のゲストでもゆっくりと準備をする時間がある。

♡最後の時間帯なので万が一時間が披露宴が長引いても延長できる。

♡前日に前夜祭で盛り上がり過ぎても大丈夫!笑

ナイトウェディングの時間帯であれば新郎新婦さまの入館時間もお昼すぎになるのでゆっくりと過ごす事ができます。

 

17時挙式のデメリット

♡ご年配のゲストがいる場合、時間が遅すぎる為懸念される。

♡ガーデンにでる演出が少なくなる。

♡遠方ゲストがいる場合、宿泊が必要。

♡二次会の開始時間が遅くなる。

ナイトウェディングも個人的にはロマンチックで好きなのですが、1番人気のない時間帯なのかなという気はします。


ナイトウェディングの時間帯の結婚式も家族だけでゆっくりとお食事をするスタイルだと落ち着いていて素敵ですよね。


友人も参加をする披露宴で二次会がある場合は、二次会のスタートが22時を過ぎてしまうので次の日がお休みじゃないゲストには少しハードになります。


その分、前夜祭で友人たちと盛り上がる事はできそうです。


本当に前夜祭で次の日に死にそうな顔で式場に現れる新郎さまがいらっしゃるので飲み過ぎには注意しましょう!笑

 
コチラも合わせてご覧ください♡

www.ayn-n02.com

 

結婚式の人気の時間帯は?メリットとデメリットを紹介まとめ

自分たちに合った時間帯をチョイスしよう

f:id:ayn-n02:20190916225603j:plain


いかがでしたでしょうか。


結婚式の時間帯にはそれぞれメリットとデメリットがあり、個人的に好きな時間もあるかと思います。


ゲストの層や、遠方や二次会の有無なども考慮して素敵な結婚式を挙げていきましょう^^

 

プレ花嫁専用ブログ

f:id:ayn-n02:20190727141533j:plain

 

ブログをご覧いただきありがとうございます^^

 

このブログでは11年間ウェディングプランーをしていた経験を活かして、結婚式を控える花嫁さんや結婚式の準備中の花嫁さんに役立つアイディアや、現場にいたからこそ伝えられる結婚式を挙げる上でのポイントなどを書いています。

 

お役に立てる記事があるかと思いますので、是非こちらをクリックしてご覧ください♡

 

www.ayn-n02.com