元ウェディングプランナーが書くプレ花嫁専用ブログ

結婚式を控えるプレ花嫁に届ける演出アイディアお役立ち情報ブログ

1番人気の【午後の結婚式】12時挙式のメリットとデメリットを紹介

結婚式の時間帯で1番人気な時間と言えば12時からの午後挙式の時間帯ではないでしょうか。


時間帯的に早すぎず、遅すぎないのでちょうど良い時間帯と思われる方も多いかと思いますが、12時の午後の挙式の本当のメリットとデメリットをご存知でしょうか。


今回は、結婚式で大人気の午後の挙式時間帯の12時挙式のメリットとデメリットをご紹介をしていきます。

 

  

結婚式で1番人気の午後の時間帯

12時挙式の魅力

f:id:ayn-n02:20191008125045j:plain


結婚式場によって、挙式時間は若干の違いがありますが、大体正午の時間帯は12時挙式や12時30分挙式などが多くなります。


わたし自身ウェディングプランナーを11年間していましたが、いつの時代も圧倒的に人気なのがこの午後の12時からの結婚式の時間帯でした。


12時の午後の挙式時間のメリットとデメリットをそれぞれご紹介をしていきます。

 

午後の結婚式12時挙式のメリット

♡お食事時間がちょうど良い時間帯。

 

♡晴れた日の日差しが1番明るい時間帯。

 

♡支度時間が早すぎない。

 

♡ゲストも午前中にゆっくり支度ができる。

 

♡遠方のゲストでも日帰りができる時間帯。

 

午後の結婚式12時挙式のデメリット

♡二次会までの時間が中途半端に空く。

 

♡夏場はガーデンにでると暑すぎる。

個人的にも1番おすすめな時間帯の結婚式のためデメリットが少なめですが、ひとつずつメリットとデメリットをご紹介していきます。

 

午後の結婚式12時挙式のメリット①食事時間

ゲストに喜ばれる食事時間 

f:id:ayn-n02:20190916225616j:plain


まず、最初にご紹介をするメリットは『食事時間』です。


挙式が12時からだと、披露宴が13時スタートになり、祝辞や乾杯の挨拶が終わり料理がでてくる時間が大体13時30分頃になります。


ゲスト的には朝ご飯もしっかり食べられて、ちょうどお昼時間に料理がでてくるのでベストなタイミングになります。


特に、結婚式の数あるアイテムの中で料理に1番力を入れた新郎新婦さまには大人気の時間帯になります。


また、二次会がある場合も、ちょうど夜御飯の時間帯と重なるため、全体的に見ても料理のタイミング的には申し分のない時間帯になります。

 

午後の結婚式12時挙式のメリット②陽射しの明るさ

会場が自然光で暖かい雰囲気に 

f:id:ayn-n02:20180807000726j:plain


続いてご紹介をするのは『陽射しの明るさ』です。


ステンドグラスネイルある教会や、披露宴会場にガーデンがついている会場では、正午が1番太陽が高くなるため明るい陽射しの中で結婚式を挙げることができます。


挙式のはじまりから披露宴の終わりまで全て明るい陽射しの中で結婚式が行えるのも12時挙式のメリットです。

 

午後の結婚式12時挙式のメリット③入館時間

入館時間が早すぎない時間帯 

f:id:ayn-n02:20190317074756j:plain


挙式時間と比例するのが新郎新婦さまの『入館時間』です。


12時からの午後の結婚式だと新婦さまの入館時間もどんなに早く見積もっても9時頃になるので、朝の時間に少し余裕を持つことができます。


朝はむくみなどもでやすいため、しっかりとケアをしてからでも出発できそうです。

 

午後の結婚式12時挙式のメリット④ゲストの入館時間

ゲストもゆっくりできる時間帯

f:id:ayn-n02:20190503112333j:plain


新郎新婦さまだけではなく『ゲストの入館時間』に関しても良い時間帯となります。


挙式の1時間前に着付けやヘアメイクが仕上がった状態で入館しなくてはいけないお母さまや受付の友人に関しても早すぎない時間に美容院で着付けやヘアメイクをしてもらう事ができます。


女性ゲストは結婚式に参加するまでに何かと時間がかかるもの。


朝、少し余裕があるだけでも大分負担が軽くなります。

 

午後の結婚式12時挙式のメリット⑤遠方ゲスト

日帰りできる時間帯

f:id:ayn-n02:20190921205616j:plain


12時の午後の結婚式は、『遠方ゲストが日帰りしやすい時間帯』になります。


12時挙式だと、よほど遠い場所でない限りはその日の朝に出発してその日の夜に変えることができる為、宿泊をしなくても良い時間帯になります。


次の日に仕事がある場合や、宿泊が難しい場合でも12時の結婚式の時間帯なら日帰りで対応ができそうです。

 

午後の結婚式12時挙式のデメリットの紹介

人気の時間帯のデメリットとは

f:id:ayn-n02:20191008121657j:plain


12時の午後の結婚式の時間帯は1番人気の時間帯になりますが、場合によってはデメリットももちろん出てきます。


デメリットは必ず全員に当てはまるわけではないので、自分たちの結婚式ではどうかを考えながら参考にしてみてください。

 

午後の結婚式12時挙式のデメリット①二次会までの時間

結婚式が終わって二次会がはじまるまで

f:id:ayn-n02:20191007145643j:plain


まず、最初にご紹介をするデメリットは『二次会までの時間』です。

 
12時からの午後の結婚式の場合、披露宴が終わってお見送りが終わると大体16時頃になります。


二次会のスタートを18時にすると、結婚式が終わって二次会が始まるまで2時間ほど時間が空いてしまいます。


お家に帰るほどの時間でもないし、式場で待てるほどの時間でもない為、微妙なスキマ時間ができてしまいます。


スキマ時間が気になるようであれば、二次会のスタートを17時30分と少し早めるか、19時30分と少しの遅くするとゲストもお家に帰るか、直行するか行動がしやすくなります。

 

午後の結婚式12時挙式のデメリット②夏のガーデンの暑さ

一番陽射しが当たる時間帯

f:id:ayn-n02:20191012121653j:plain


先ほどメリットでご紹介をした陽射しの明るさですが、夏場だけは『ガーデンの暑さ』がネックになります。

 

7月下旬から8月にかけては、正午から正午過ぎで1番陽射しが暑くなるため、ガーデンに出ただけで汗だくになってしまいます。


特に、着物で列席をしているゲストにとって正午のガーデンはサウナ状態になるので配慮が必要になります。


夏場の午後の結婚式を検討している方はあまり長時間ガーデンにでないような演出の段取りをする事で回避する事ができます。

 

1番人気の【午後の結婚式】12時挙式のメリットとデメリットを紹介まとめ

バランスの良い挙式時間

f:id:ayn-n02:20190907211219j:plain


いかがでしたでしょうか。

 
12時からの午後の結婚式の最大の魅力はバランスの良さではないでしょうか。


『早すぎないし、遅すぎない。』

 
まさにちょうど良い時間というのがこの12時からの午後の結婚式が人気な理由だと思います。


12時からの午後の結婚式は1番最初に埋まりやすい時間帯にもなる為、気になる方は早めの予約を行なっていきましょう^^

 

 

プレ花嫁専用ブログ

f:id:ayn-n02:20190727141533j:plain

 

ブログをご覧いただきありがとうございます^^

 

このブログでは11年間ウェディングプランーをしていた経験を活かして、結婚式を控える花嫁さんや結婚式の準備中の花嫁さんに役立つアイディアや、現場にいたからこそ伝えられる結婚式を挙げる上でのポイントなどを書いています。

 

お役に立てる記事があるかと思いますので、是非こちらをクリックしてご覧ください♡

 

www.ayn-n02.com